受け継がれてほしいもの

受け継がれてほしいもの

受け継がれてほしいものは
着物ではないでしょうか。

 

 

 

成人式の時に振袖を着ました。

 

 

 

母が和裁学校に通っていて小さな頃には浴衣を作ってくれて、
幼稚園の七夕やお祭りで着ていた写真がありました。

 

 

 

母にとっては着物などはとても思入れ深い物なんだと思います。

 

 

 

成人式はレンタルでなく買いました。

 

 

 

母と一緒に自分の好みを入れつつ母が好きというものを選びました。

 

 

 

たくさんの柄があるものではなく、ワンポイントだけあるものでした。

 

 

 

その代りに帯が色々な角度から見たら光るようなちょっと変わった
デザインのものを買いました。

 

 

一言で言うと七光りみたいな感じでとてもきれいなのです。

 

 

 

成人式、兄の結婚式、短大の卒業式の3回しか着ていませんが
今でも大事にとってあります。

 

 

 

 

子供たちが女の子なのでいつかは着てくれたらうれしいなって
感じています。その姿を母に見せられたらと遠い未来に感じます。

 

 

 

着物は好きなので着る機会があったら積極的に着たいです。

 

 

 

浴衣だったり留袖だったり色々ものがありますけど、
どれも日本人として受け継がれてほしいと思っています。

 

夏は浴衣が人気だけれど

 

実は暑さとお付き合いするのが大変な時期です。

 

 

 

夏といえば、祭りや様々なイベントで女性にとっては浴衣が多く販売される時期で、
需要が多いのですが、浴衣を着ることができない職業や趣味の方にとって、夏は
暑さとのお付き合いが大変な季節です。

 

 

 

浴衣は肌襦袢と裾除けに浴衣を羽織って着付けをしていきますが
、お茶や生け花、箏曲などで着物を着なければいけないとなりますと、
着物は夏の絽や紗となり、夏の帯になります。

 

 

 

そして、肌襦袢と裾除けと着物の間には、夏用の長襦袢を
着なければいけませんので、素材によっては、大変暑いです。

 

 

 

最近は、ポリエステルの質のいい着物も出て着ていますが、
正絹や麻の着物の方が涼しく過ごしやすいです。

 

 

 

ただし、夏の着物は正絹や麻は、質がよくて涼しいのは
間違いないのですが、お手入れが大変なので、どうしても
ポリエステルの着物に押されがちです。

 

 

 

ポリエステルの着物は、家で手軽に洗えるという点で
手軽ということでよく売れます。

 

 

 

着物通の人は、「涼やかに見せる為に、着物を着る日は
水分補給は控えめにするわよ」と
豪語する方もいらっしゃいますが、熱中症になりやすいので、それだけはやめましょう。

 

 

 

真夏の本格的な着物を着るというのは、暑さと付き合うのは大変ですけれども、
長襦袢でも夏用にと半襦袢という涼やかに着こなせるものも出ています。

 

 

 

こういうアイテムもどんどん出ているので、ぜひ暑さとお付き合いしながらも、
着物のおしゃれを楽しんでくださいね。