思い出を繋ぐ着物

世代を超えて思い出を繋ぐ着物

世代を超えて思い出を繋ぐ着物を
大切にしたいと思いませんか?

 

 

先日実家に帰省した際、母が私の娘用に着物をだしてくれました。

 

 

落ち着いた赤い色の模様で最近ではあまり見ない古風なデザインです。

 

 

見た瞬間にこれは私が小さな頃に来ていた着物だとわかりました。

 

 

 

お正月になると特別に着せてもらえる着物。いつもとは違う晴れ着に
お姫様にでもなったようで、胸を弾ませながら初詣に出かけたことを
思い出します。

 

 

 

私も大きくなりサイズが合わなくなると着なくなったので
すっかり忘れていましたが、母はずっと大事に保管しとても
綺麗な状態で持っていてくれました。

 

 

 

古風な柄ではありますが嫌みがなく、逆に今ではなかなか
見ない柄なのでそれが個性的に感じられます。

 

 

保管状態が良かったのでシミもなく生地がしっかりしているので
まだまだ何年でも着続けられそうです。

 

 

 

母は自分の親が自分の娘に買ってくれた思い出の品として、
そしていつかできるかもしれない孫のためにと大切にしていたそうです。

 

 

今度は私がそれを受け継ぎます。

 

 

今度は自分が母の立場で娘に着せ、たくさんの思い出を
作っていこうと思います。

 

 

そしてもしも孫が出来れば、娘に渡してあげたいと思います。

 

 

 

今では着ることもほとんどない着物ですが、
世代を超えて思い出を繋いでくれる宝物として
大切にしていきたいと思います。

 

 

 

受け継がれる着物

 

私の実家には沢山の着物が眠っています。

 

 

 

それらはほとんどが顔も覚えていない曾祖母の着物たち。

 

 

99歳で亡くなった曾祖母は普段の生活も着物で過ごすような
昔ながらの日本の女性だったみたいなんです。

 

 

そんな曾祖母にも、その着物にも、正直あまり関心が
ありませんでした。

 

 

でも、そんな着物たちに興味を持つようになったきっかけが
あるんです。

 

 

あれは専門学校の卒業を間近に控えた時期でした。

 

 

卒業式には袴を着る学生が多い中、「ひいばあちゃんの
着物を着ていったら渋くてカッコいいかも!?目立つし!」と
そんな不純な想いが湧きあがったのです。

 

 

そうと決まればどんな着物があるのか見てみたい!!
すぐに実家の着物が収納される箪笥を開けました。
丁寧に仕舞われた着物の数々..最初は軽い気持ちで
見ていたのにそんな気持ちはどこへやら。

 

 

 

「昔の人は良い着物を持っていたのよ。」と教えてくれた
祖母の言葉通り質の良い物、仕事が丁寧な物が
沢山あったのです。

 

 

 

それはそれは魅了されました。中でも、藤色の生地に
手書きの鮮やかな模様が入った着物は大のお気に
入りになりました。

 

 

 

これを着たい!!そう思ったのも束の間、
「あんたの年じゃまだ似合わない」そんな言葉で
ピシャリ。

 

 

 

結局卒業式には、淡い水色に細かな柄がちりばめられた
若々しさを感じさせる着物を着ました。

 

 

 

少し残念だったけど、良いんです。

 

 

 

年齢を重ねた先に素敵に着られる着物があるなら、
楽しみも増えるからです。

 

 

 

何より、曾祖母の喜ぶ顔が浮かぶようだし、
世代を越えて着られる着物の存在に気付けた事が
嬉しいです。

 

着物を着て見たい人に

 

きくちいまさんという方の出している、可愛い挿絵のある
着物についてのエッセイをたくさん読みました。

 

 

 

彼女は着物で生活していて、現代では少なくなった
着物の良さを一般の女性にわかりやすく、日常的に
着る着物の良さを伝えています。

 

 

 

もし実際に難しくても読むだけでもとても楽しい本です。

 

 

 

実際に購入することは敷居が高いと思うのですが、
そうではない価格の物もあるそうです。

 

 

 

百貨店のセールなどもあるそうです。

 

 

 

着物自体をたくさん持たなければとと考えがちですが、
数が少なくても帯、帯留め、バッグ(洋風でも意外とあったりするものもある)、
半襟、足袋、扇子、かんざしなどの小物のアレンジをして着物のおしゃれも
楽しめるそうです。

 

 

 

着物を着ることのメリットは素材や柄で四季を感じたり、
所作が静かに美しくなったりすることがあるそうです。

 

 

 

また、お出かけする際はたくさんの方に見てもらえたり店員さんに
大事に扱われたりといったメリットもあるようです。

 

 

 

実際着るかどうかは別にして初心者について
言葉などもわかりやすく書いてあり、オススメです。